2010年04月17日

映画  いつも2人で

ヘプバーンのおしゃれで妖精のような魅力と
ヘンリー・マシンーニの音楽が最高の作品。


夫婦として12年たった2人が、何かが変わってしまったと感じ
出会いの地、パリに旅立つ物語です。

現在と過去の画面構成が上手く演出され
音楽の乗ったオードリー・ヘプバーンの魅力が
素晴らしく引き出された映画です。

40才前の彼女の女子大生役を一度ご覧ください。
映画  いつも2人で
ラベル:映画
posted by カオル at 00:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。