2010年03月13日

忘れられない人

忘れられない人」

恋愛映画、原題"Untamed Heart"を。

 1993年作、アメリカ映画。監督はトニー・ビル。出演はクリスチャン・スレーター(アダム)、マリサ・トメイ(キャロライン)他。

 コーヒーショップの従業員のキャロラインは、クリスマス直前に失恋。おまけに、仕事あがりの深夜、帰宅途中にレイプ目当ての男二人に襲われる。運よく、店の同僚・アダムに助けられる。
 このアダムはちょっと変わった無口な男であった。実は、毎晩、キャロラインの帰宅が無事か見守っていたのだった。そんな真相を聞いたキャロラインは、次第にアダムに惹かれていく。アダムは孤児院育ちで天涯孤独であり、心臓に問題を抱えていた。キャロラインはその治療を勧めるが、頑固にも言うことを聞かない。しかも、気の利いたことを言う。「僕の心臓は特別なものだ。もしこの心臓が奪われたら、もう君を愛せなくなる」と…。
 二人は恋に落ちる。アダムの誕生日に、キャロラインはアイス・ホッケーの試合に連れ出す。二人は存分に休暇を楽しんだ帰り、キャロラインの運転する車の助手席でアダムは眠っている。家に着いた時、アダムを起こすが、彼は息を引き取っていた。葬儀を済ませたキャロラインは、彼の部屋を訪ねる。そこには、キャロライン宛のプレゼントが置かれていた。
 感動的なラストシーン。プレゼントの箱を開けると、アダムが大事にしていたレコード数枚。かつて子供時代、孤児院のシスターに子守唄代わりに聞かせてもらっていたレコード。キャロラインはその一枚を聞きながら、彼の手紙を読むのだった。
ラベル:映画
posted by カオル at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。