2010年01月30日

映画  ベニスに死す

作曲家のマーラをモデルにした
トーマス・マンの短編小説の映画化。

ベニスを訪ねたドイツの年老いた大作曲家は
美しいポーランド人の少年に精神的で官能的な
美を見出すが・・・。

全編に感動的に流れるマーラの「交響曲第5番」が
老人の苦悩や喜び、絶望を表現した有名な作品です。
ラベル:映画
posted by カオル at 01:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。