2009年09月24日

ヴェルディ 歌劇「アイーダ」

マイ・フェイヴァリットを4枚。

1.ヴェルディ 歌劇「アイーダ」:凱旋の合唱・凱旋の行進曲
  サー・ゲオルグ・ショルティ指揮
  ローマ・オペラハウスo&c
  1962年…London

 1912年ハンガリー生まれのショルティはコダーイ・バルトークに師事し、エーリッヒ・クライバーの演奏を聴いて指揮者を志す。1958年からワーグナーの「ニーベルングの指環」の全曲録音を開始。1969年にシカゴsoの音楽監督に就任。以来1997年に亡くなるまで、ある意味で頂点を極めたマエストロであった。

 歌劇「アイーダ」はヴェルディの代表作で、1869年のスエズ運河開通記念として「イタリア歌劇場・カイロ劇場のこけら落とし公演」の為に作曲。初演は1871年。エジプトのファラオの時代、第2幕第2場、ラダメス率いる軍隊が凱旋し歓呼でもって迎えられる。ショルティの演奏は秀逸。

2.ヴェルディ 歌劇「椿姫」:乾杯の歌
  ジェイムズ・レヴァイン指揮
  メトロポリタン・オペラハウスo
  チェリル・ステューダー(ソプラノ)
  ルチアーノ・パヴァロッティ(テノール)
  1991年…Deutsche Grammophon

 歌劇「椿姫」は、パリ社交界の花形・ヴィオレッタ・ヴァレリーの薄幸の人生を描いたもの。初演は1853年。19世紀のパリ、第1幕はヴィオレッタのサロン。華やかなパーティ会場で、プロヴァンスの青年・アルフレードは「乾杯の歌」を歌う。アルフレードとヴィオレッタの掛け合い。パヴァロッティとステューダーは絶品。

3-1.プッチーニ 歌劇「蝶々夫人」:夕暮れは迫り(愛の二重唱)
    ジュゼッペ・シノーポリ指揮
    フィルハーモニアo
    ミレッラ・フレーニ(ソプラノ)
    ホセ・カレーラス(テノール)
    1987年…Deutsche Grammophon
   
 ご存知、明治時代の長崎を舞台にしたプッチーニの「蝶々夫人」。初演は1904年。第1幕、ピンカートンと結婚した蝶々さんは、キリスト教に改宗する。これを親類縁者からなじられる。嘆き悲しむ蝶々さんをピンカートンは慰める。フレーニとカレーラスの愛の二重唱は優れもの。

3-2.ヴェルディ 歌劇「リゴレット」:女心の歌
    カルロ・マリア・ジュリーニ指揮
    ウィーンpo
    プラシド・ドミンゴ(テノール)
    1979年…Deutsche Grammophon

 歌劇「リゴレット」は、16世紀のイタリアの好色なマントヴァ公爵のお抱え道化師・リゴレットの悲劇の人生を描く。第3幕、マントヴァ公爵は居酒屋で、女心の気まぐれさを「風の中の羽のように…」と歌う。往年の浅草オペラ歌手・田谷力三(タヤ・リキゾウ)さんの十八番。この難しい歌をドミンゴは見事にこなす。

ラベル:オペラ 歌劇 音楽
posted by カオル at 00:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本シリーズは野球バカ.com

野球を楽しむ携帯野球サイト 野球バカ.comは当日のプレイの成績を予測し草野球、学生野球、プロ野球等の野球観戦を楽しめるサイト。
独立リーグの観戦や女子野球・女子ソフトボールもより楽しめるサイトです
ラベル:予測 野球 携帯
posted by カオル at 00:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画  ティナ

ソウルシンガー、ティナ・ターナーの半生

注目を集め始めた彼女に嫉妬し暴力を
ふるうようになる夫。

彼女の救いは歌と仏教だった・・・。

ゴージャスな衣装やステージでのパフォーマンス
ハスキーでパワフルな歌。

映画を観ている方もサウンドに注目の作品。
ラベル:映画
posted by カオル at 00:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画  アメリカの夜

監督、脚本 フランソワ・トリュフォーの作。

トリュフォーが映画を愛する人に捧げた傑作。
ニースのスタジオでの映画撮影という設定で
物語は進むが・・・。
フィルムがダメになったり、役者がセリフを忘れたり
スタントマンがいなくなったりと大騒動に。

それでも映画を創りたくなる映画人の想いが胸を熱くする。

なかなか面白く渋い映画作品。
posted by カオル at 00:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画   ホワイトハウス狂騒曲

エディ・マーフィの映画を紹介しました。

ドキドキハラハラしながら笑ってしまう作品です。

金儲けが目当てで下院議員に当選した
詐欺師のトマス。
女性活動家と恋に落ち、本気で環境問題に
取り組むが・・・。
腐敗した政治家の裏ネタを詐欺師仲間と
マスコミにバラして失墜させるクライマックスのシーンは
笑わずにはいられない展開に。
posted by カオル at 00:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

野球観戦は 野球バカ.com

野球を楽しむ携帯野球サイト
 野球バカ.comは当日のプレイの成績を予測し草野球、学生野球、プロ野球等の野球観戦を楽しめるサイト。
少年野球の観戦や女子野球・女子ソフトボールもより楽しめるサイトです
ラベル:携帯」 野球
posted by カオル at 00:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画 トップガン

トム・クルーズの作品を紹介しました。

アメリカ空軍のパイロット養成学校を舞台に
最高の称号である(トップガン)を得るのは誰か?

自分のミスから友人を死なせてしまった主人公が
精神的にも真のエリートに成長していく物語。

インド洋上でのF14対ミグ戦闘機のドッグファイトが
素晴らしい出来映えの映画作品。
ラベル:映画
posted by カオル at 00:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画 バック・ビート

もう一人のビートルズ物語を紹介しました。

世界一有名なバンドに結成当時から参加していた
スチュアート・サトクリフはジョンとの演奏活動を捨て
絵筆と愛をとるが・・・。

アートな感覚の映像と音楽がいきいきとして
楽しく、またスチュアート役のスティーブン・ドーフの
セリフが粋で楽しませてくれる作品です。
ラベル:映画 ビートルズ
posted by カオル at 00:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

映画  最高の恋人

マット・ディロンの純愛ラブストーリーを一作。

出演 マット・ディロン  アナベラ・シオラ

大学で勉強する妻と電気技師の夫は離婚し
夫は別れた妻への慰謝料の支払いに追われていた

そんな時仲間でボーリング場を再建する話が
持ち上がるが・・・。

愛に不器用な男を、自然に演じるマット・ディロンが
好演が光る。

照明を使った愛の告白や都会のネオンサインなどの
演出も上手く、最後はホットする心が温まる作品に。
ラベル:映画
posted by カオル at 00:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Help me make it through the night

1.Barry Manilow “Ultimate Manilow”
 (バリー・マニロウ 「歌の贈りもの ベスト・オブ・マニロウ」)
  2002年…Arista

 【お気に入り曲】
  Mandy
  Can’t smile without you
  Moonlight serenade

 「バラードの帝王」の名を欲しいままにする、バリー・マニロウ。ティーン・エイジャーの頃から、彼の足跡についてきた。シンガーソングライター・アレンジャーにしてプロデューサーである、彼の才能は素晴らしいの一言。現代・ポピュラーのラブ・ソングを歌わせたら、彼の右に出るものはいないとも…。


2.Olivia Newton John “The best of Olivia Newton John”
 (オリビア・ニュートン・ジョン 「ベスト・オブ・オリビア・ニュートン・ジョン」)
  1996年…EMI

 【お気に入り曲】
  Help me make it through the night
  Changes
  If you could read my mind

 イギリス生まれ、オーストラリア育ち、アメリカ・デビューのオリビア・ニュートン・ジョン。彼女もティーン・エイジャーの頃からの隠れファン。自慢ではないですが、ほぼ全部のアルバムは持っているはず?最初はC&W、ナッシュヴィルでの活躍。彼女のクリア・ヴォイスとメロウな歌唱に魅了され続け。最近はC&Wにも復帰、ますます楽しみです。


3.Simon & Garfunkle “Premium best”
 (サイモンとガーファンクル 「プレミアム・ベスト」)
  1998年…CBS

 【お気に入り曲】
  April come she will
  Scarborough fair/Canticle
  For Emily, whenever I may find her
  America
  The boxer
  The 59th street bridge song(feelin’ groovy)

 このご両人も、ティーン・エイジャーからのファン。捨てがたく選びがたくて、6曲にもなってしまった。それだけ影響を受けた。1曲目は究極のラブ・ソング。2曲目は初めて聴いた詠唱。3曲目、バーガンディの彼女に憧れた。
ラベル:音楽
posted by カオル at 00:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。