2009年06月30日

Elvis Presley "That's the way it is"

1.Elvis Presley "That's the way it is"
 (エルヴィス・プレスリー 「エルヴィス・オン・ステージ」)
 2004年…BMG

  【お気に入り曲】
  You don't have to say you love me
  You've lost that lovin' feelin'
  Mary in the morning

 1973年7月14日、ハワイ・ホノルル公演の全世界中継。エルヴィス・プレスリー復活後のピーク。このTV中継で彼の良さを知る。この音源をずっと探していた。そして見つけた、この一枚。"You don't have to say you love me"、このラブ・ソングが忘れられなかった。

2.Tom Jones "The best of Tom Jones"
 (トム・ジョーンズ 「ザ・ベスト・オブ・トム ジョーンズ」)
 1997年…Decca

  【お気に入り曲】
  Love me tonight
  It's not unusual
  Thunderball

 かつて子供の頃、アメリカのTV番組をそのまま日本で週末に放送。確か、「トム・ジョーンズ・ショウ」と「エンゲルベルト・フンパーディンク・ショウ」が隔週で交互にやっていた。叔父が洋楽ファンだったもので、小生も感化された。豊かな声量とパワフルな歌いぶり、シャウト系の帝王。「007の第3作」の主題歌、"Thunderball"は未だに耳に残っている。

3.Engelbert Humperdinck "The best
posted by カオル at 00:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画  いつも2人で

ヘプバーンのおしゃれで妖精のような魅力と
ヘンリー・マシンーニの音楽が最高の作品。


夫婦として12年たった2人が、何かが変わってしまったと感じ
出会いの地、パリに旅立つ物語です。

現在と過去の画面構成が上手く演出され
音楽の乗ったオードリー・ヘプバーンの魅力が
素晴らしく引き出された映画です。

40才前の彼女の女子大生役を一度ご覧ください
ラベル:映画
posted by カオル at 00:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野球携帯サイト リリース

野球携帯サイト 野球バカ.comは当日のプレイの成績を予測
監督のチーム予測もでき、草野球等をより楽しむ携帯サイト。
posted by カオル at 00:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画  アウトサイダー

監督・製作 フランシス・F・コッポラ

オクラホマ州のタルサ。この地方では、貧しい若者のグループ「グリース」と
金持ちの子弟グループ「ソッシュ」が、激しく対立していた。

ウエスト・サイド物語の現代版を感じさせる映画作品。

熱くて哀しい青春群像ドラマです。

悲劇的な末路へ突き進む、マット・ディロンの瞳が切なく、哀愁が漂い心に
残る一作。
ラベル:映画
posted by カオル at 00:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

ミュージカル映画 ドリームガールズ

2006年制作、アメリカ、パラマウント・ドリームワークス映画。監督はビル・コンドン。主演はジェイミー・フォックス(カーティス・テイラーjr)、ビヨンセ・ノウルズ(ディーナ・ジョーンズ)、エディ・マーフィ(ジェームズ・”サンダー”・アーリー)、ジェニファー・ハドソン(エフィー・ホワイト)、アニカ・ノニ・ローズ(ローレル・ロビンソン)他。

 今年初めての映画鑑賞作品。はっきり言って、ミュージカル映画というよりも、「オペラ」そのもの。全編、音楽の鳴りっぱなし。R&B、ポップスの大洪水。決して嫌いにあらず、その意味では上映中、「ほくそ笑んでばかり」でした。

 1962年のアメリカのデトロイト。三人のハイティーンの少女、エフィー・ローレル・ディーナは「ドリーメッツ」というトリオを組み、音楽の成功を夢見ていた。新人のオーディション会場で、中古車販売会社を経営するカーティス・テイラーjrは彼女たちに熱い視線を送るのだった。事実、当地デトロイトで人気を誇るジェームズ・”サンダー”・アーリーがバック・コーラスを捜しているとの噂を聞きつけていた。
 ショー・ビズの世界に憧れるローレルとディーナは、大はしゃぎ。エフィー一人だけうかぬ返事、バック・コーラスが気に入らなかった。だが、カーティスと仲間の巧みな誘いにはさすがに勝てなかった。アーリーとドリーメッツは、パワフルなステージとごきげんなナンバーの数々で一躍脚光を浴びる。さらに、カーティスはアーリーのマネジメント権を奪い、商売の車をありったけ売りまくり、自分のレーベル「レインボー・レコード」を立ちあげる。
 瞬く間に、カーティスは自社を発展させ、他のアーティストたちも抱えるショー・ビズの大立者にのし上がっていく。しかし、物事はそんなに順調にいかない。ドリー・メッツをR&Bからポップス・グループに再編する折、メンバーが脱落していく。又、人気スターのアーリーの落ち目を迎える。
 そして、映画のラスト・シーンを迎える。これは、作品を観てのお楽しみ。

 久々に熱狂させられた映画。1981年、マイケル・ベネット演出・振り付けのニューヨーク・ブロードウェイ・ミュージカルとして初演され、4年間で1522回の公演となった「ドリームガールズ」。
 実は、この話には実話がある。このドリームガールズは、ダイアナ・ロスとシュープリームス。レインボー・レコードは、モータウン・レコード。当然、芝居であるには変わりはないのでフィクション部分は大いにあるが、この実話をインスパイアしていることも事実である。劇中、明らかにジャクソン・ファイブのマイケル・ジャクソンが現れてくる。この方面も、密かに鑑賞するのも楽しみである。

 それにしても、R&B、ポップスのナンバーの数は数え切れなかった。エディ・マーフィのキャラクター(しかも脇役)と歌に驚いた。3人、いや4人の歌声は素晴らしいの一言に尽きる。中でも、ジェニファー・ハドソンは文句のつけようがない。
 「ムーブ」「ビッグ(インストゥルメント)」「ファミリー」「ドリームガールズ」「ヘヴィ、」「アンド・アイ・アム・テリング・ユー・アイム・ノット・ゴーイング」「ペイシェンス」…
きりがないので止めます。
 本当に、一度ご覧下さい。
ラベル:映画 音楽
posted by カオル at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アニメ   ロジャー・ラビット

ディズニーとスピルバーグが製作した
実写&アニメの合成ファンタジー作品です。

舞台はハリウッドの撮影所の隣にある
漫画の登場人物達が住む街。

主人公のロジャーが殺人事件に巻き込まれる
ところから物語りは始まる。

ミッキーマウスやバニーなどアニメの有名な
キャラクター達が総出演する最高傑作の作品です。
年代を超えた観賞作品でしょう。
ラベル:アニメ
posted by カオル at 22:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野球携帯サイト  成績予測

野球携帯サイト 野球バカ.comは当日のプレイの成績を予測
草野球等をより楽しむ携帯サイト。
ラベル:野球 携帯
posted by カオル at 22:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音楽  ブラームス 交響曲第1番

1.Johannes Brahms Symphonie No.4
 (ヨハネス・ブラームス 交響曲第4番)
  1980年…Deutsche Grammophon

  カルロス・クライバー指揮、ウィーンpo

 かつて、フランソワーズ・サガン「ブラームスはお好き」の小説の題名に感化されて、聞き出したブラームス。彼の4曲の交響曲の中で一番のお気に入り。又、お気に入りのカルロス・クラーバーとウィーン・フィルのコンビが絶妙。ともすればこの曲、地味・内省的・諦観等の批評は聞くが、逆に哀感がこもり情感がほとばしる所に良さを感じている。


2.Brahms Symphony No.1
 (ブラームス 交響曲第1番)
  1968年…EMI

  シャルル・ミュンシュ指揮、パリo

 ハンス・フォン・ビューローによって、「第10交響曲」。ベートーヴェンの9つの交響曲に次ぐ名作と、呼ばれたのは有名。20年もの歳月をかけて作曲された、傑作。又、1967年にフランス文化相・アンドレ・マルローの提唱で出来た、パリ管絃楽団。その初代音楽監督がシャルル・ミュンシュ。その音楽的輝きは、素晴らしいの一言。
ラベル:音楽
posted by カオル at 22:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画 薔薇の素顔

ダイハードのブルース・ウィリスが主演した
サスペンス映画を紹介しました。

ブルース・ウィリスが扮するビル・キャバと
愛人・ラマンのジェーン・マーチが扮する
ローズとの間で繰り広げられ作品です。
この作品ではB・ウィリスが精神的ダメージを負う
精神科医を見事に演じています。

アクション映画では観ることのできない
彼の一面をしるでしょう。
妖しく官能的なシーンを見事なできばえに。

精神分析医の同僚ボブが殺害された。
ボブから前に患者から命を狙われていると
告白されたキャバは事件に巻き込まれていく。
事件の鍵を握るのはローズ。

ブルース・ウィリスがこんな役を!
興味のある方はご覧下さい。



ラベル:映画
posted by カオル at 22:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

野球携帯サイト  成績予測

野球携帯サイト 野球バカ.comは当日のプレイの成績を予測
草野球等をより楽しむ携帯サイト。
ラベル:野球 携帯
posted by カオル at 06:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。